フキハラとは?職場フキハラを受けているかのチェックリストと対処法

フキハラとは、不機嫌ハラスメントのことです。

職場で不機嫌な態度を取られると、周りの人が不快な思いをしますよね。

フキハラに悩む人は多く、その原因や対処法を知りたいと考えていることでしょう。

PON

あなたも職場で思い当たることはありませんか?

本記事ではフキハラとは何かについての解説や、職場でのフキハラの対処法・原因について詳しく解説します。

この記事を読むことで、「フキハラとは何か」、「職場フキハラの原因」、「職場フキハラの対処法」を理解することができます。

また、本記事のフキハラチェックリストであなたが職場でフキハラを受けているかどうかを確認できますよ。

具体的な項目をチェックして、対策を講じましょう。

目次

フキハラとは何?職場での具体例から見た特徴

フキハラの問題を解決するためには、まずはフキハラとは何かを正しく理解することが重要です。

まずは不機嫌ハラスメント、フキハラとはどんな行為なのか、職場での具体例と特徴も交えて見ていきましょう。

  • フキハラとは何か
  • 職場での具体例から見るフキハラの特徴

フキハラとは何?

フキハラとは、職場・学校・家庭などで行われるパワーハラスメントの一種で、不機嫌になり特定の人を威圧したり恐怖を与えたりする行為です。

フキハラをする人は、職場や学校・家庭などで不機嫌な態度を取って、周りの人に嫌な気持ちにさせます。

不機嫌な態度で周りの人をコントロールしようとしているのです。

これは心理的な圧力を利用して他人をコントロールしようとする一種のハラスメントです。

フキハラは、相手に不快感を与えたり、職場環境を悪化させたりするため、社会問題として重要視されています。

具体例から見る職場でのフキハラの特徴とは?

フキハラは特に職場で起こることが多いです。

フキハラの特徴と職場でのフキハラの具体例を見てみましょう。

フキハラの特徴と職場での具体例

1. 大きなため息をつく
職場で頻繁に大きなため息をつく。
会議中に自分の意見が通らなかった時にわざと周囲に聞こえるようにため息をつく。

2. 机を叩く
業務中に何か気に入らないことがあると机をバンと叩いて大きな音を立てる。
同僚や部下がその音に驚き緊張感が高まる。

3. 露骨な嫌な顔をする
チームメンバーが仕事を頼むと明らかに嫌な顔をする。
「このタスクをお願いできる?」と言われた瞬間に目を細めて嫌悪感を示す表情をする。

4. 舌打ちをする
周囲の人が話している時や、何か失敗した時に舌打ちをする。
この行為は周囲に不快感を与え、緊張感を高める。

5. 無視する
会議中に特定の人が発言するとその人の意見を無視する。
他のメンバーがその意見に反応する中で、あえて無視することで不満を示す。

6. 威圧的な態度を取る
会議中に、特定の部下に対して体を前のめりにして威圧感を与えるような態度を取る。
例えば顔を近づけて質問をしたり厳しい口調で問い詰めたりする。

7. 常に不機嫌な表情をする
職場で常に不機嫌な表情をしている。
笑顔を見せず終始眉をひそめている。この態度は周囲にストレスを与える。

8. 無言で圧をかける
ミーティング中や業務時間中にわざと無言で部下をじっと見つめることで圧力をかける。
この視線が部下にプレッシャーを与える。

9. 不機嫌な態度での応対
電話対応や顧客対応をしている際に不機嫌な態度で対応する。
冷たい口調で話したり短くそっけない返事をしたりする。

10. 機嫌を理由に業務を拒否する
上司が不機嫌な為、部下が仕事の相談や報告をしにくくなる。
「今は機嫌が悪いから話しかけないでくれ」と直接言われることがある。

これらの行為が、相手に不快感や精神的苦痛を与える場合、フキハラとして認識されます。

これらの行動は、被害者に大きなストレスを与えるので、被害者は精神的に疲弊します。

PON

フキハラを受けた結果、仕事や生活に影響が出てしまうこともあります。

職場でフキハラを受けているかのチェックリスト

  • フキハラチェックリスト
  • 職場でフキハラを受けている時の対処法

フキハラチェックリスト

次の項目に対して「はい」または「いいえ」でチェックしてください。

職場でフキハラを受けているかのチェックリスト
  1. 周りにいる同僚がしばしば大きなため息をつく。
  2. 隣の席の人が机をバンと叩く音が頻繁に聞こえる。
  3. 仕事を頼んだ際に、露骨に嫌な顔をされる。
  4. 周囲の同僚がしょっちゅう不機嫌な態度を取る。
  5. 会議中に舌打ちや大きな音を立てる同僚がいる。
  6. 自分が何か悪いことをしたかのように感じ、不安になることがある。
  7. 不機嫌な同僚の態度によって、仕事に集中できなくなることが多い。
  8. 他人の不機嫌な態度に気を使い、自分の行動を変えなければならないと感じる。
  9. 会社に行くのが憂鬱になることがある。
  10. 自分が原因で誰かが不機嫌になっているのではないかと頻繁に心配する。

「はい」が3つ以上の場合、職場でフキハラを受けている可能性が高いです。

適切な対処法を学び、ストレスを軽減する方法を試してみてください。

職場でフキハラを受けている時の対処法

ここでは、職場でのフキハラへの対処法を紹介します。

職場でのフキハラへの対処法
  • 気づかないふりをして受け流す
  • できるだけ距離を取る
  • 精神的に余裕があるように振る舞う
  • 自分のケアを大事にする

気づかないふりをして受け流す

まず、相手の不機嫌に振り回されないことが大切です。

そのために、まずは「気にしない」という姿勢が重要です。

例えば、同僚が大きなため息をついたり、机を叩いたりしても、それに反応しないようにしましょう。

反応することで、相手は自分の不機嫌が効果的だと感じてしまいます。

相手の行動に対して過剰に反応せず、冷静に受け流すことが大事です。

できるだけ距離を取る

次に、できるだけ距離を取ることです。

不機嫌な人と近くにいると、こちらまでストレスを感じてしまいます。

可能であれば、物理的に距離を置きましょう。

席を移動する、休憩時間をずらすなどの工夫が有効です。

直接の対話を避け、メールなどでコミュニケーションを取るのも一つの方法です。

精神的に余裕があるように振る舞う

フキハラに対して精神的に余裕を持って振る舞うことはとても大切です。

まず自分自身が落ち着いていることで相手の不機嫌な態度に影響されにくくなります。

フキハラに対して、堂々と自信を持って対応することが大切です。

例えば、相手の目をしっかりと見て話すことや、ゆっくりと落ち着いた口調で話すことが効果的。

これにより、相手はあなたの冷静さに気づき、態度を改めることがあります。

またフキハラに対して感情的にならず「相手の問題であって自分には関係ない」と自分に言い聞かせることで冷静に対処できます。

自分のケアを大事にする

自分の気持ちをしっかり持つことも大切です。

不機嫌な態度に対して自信を持って対応することで相手も態度を改めることがあります。

例えば堂々と話す、目を見て話す、ゆっくり落ち着いて話すなど、自信を持って接することが大切です。

必要ならば上司や人事に相談することも考えましょう。

フキハラが職場全体に悪影響を及ぼしている場合、早めに対応することが必要です。

PON

上司や人事に相談する際には具体的な事例や状況を説明すると良いでしょう。

フキハラをする心理と原因となる職場環境

フキハラの心理と原因について説明します。

なぜ人はフキハラをするのか、その背景を見てみましょう。

  • なぜ人はフキハラをするのか?その心理
  • フキハラの原因となる職場環境や状況

なぜ人はフキハラをするのか?その心理

フキハラをする理由はさまざまです。

フキハラをする人には、支配欲やコントロール欲が強い傾向があります。

だから自分よりも立場が下の人に対して行われることが多いのです。

そして原因の一つに、自分の評価に対する不満があります。

正当に評価されていないと感じると、不満が募り、不機嫌な態度でそれを表現しようとします​ 。

また、相手に対する支配欲や注目を引きたいという欲求もフキハラの一因です。

フキハラを行う人は不満を言葉で表現する代わりに、不機嫌な態度で周囲に自分の気持ちを伝えようとします。

不機嫌な態度を示すことで、周囲に気を使わせたり、自分に注目を集めようとするのです​ 。

こうした人は、不機嫌な態度を示すことで周囲の注意を引き、自分の要求を満たそうとします。

PON

自分はこんなに大変だというアピール、いわゆるかまってちゃんですね。

さらに、幼少期の未熟な感情処理が原因になることもあります。

幼い子供が欲しいものが手に入らない時に不機嫌になるのと同じく、大人でも感情を上手くコントロールできずストレスをぶつけることがあります​ 。

フキハラをする人は、自分の感情を自力で扱えず、周囲に頼ることで快適さを求める傾向があるのです。

これがフキハラの心理的な背景です。

フキハラの原因となる職場環境や状況

フキハラの原因は、職場環境にも関係しています。

例えば、過度なストレスや、上司からのプレッシャーです。

これらの環境が、フキハラの行動を引き起こすことがあります。

職場の環境が悪いと、フキハラが発生しやすくなります。

職場環境が悪化している場合や、競争が激しい状況下では、フキハラが起こりやすくなります。

また、上司や組織の風土がフキハラを助長する要因となることもあります。

PON

職場の環境って大事ですね。

職場でフキハラと間違えやすい行動や態度

フキハラと誤解されやすい行動や態度は多く存在します。

特に職場では、意図せずに相手に不快感を与えてしまうことがあります。

指導を受けているだけでフキハラと勘違いすることがある

職場で指摘や指導を受けることがありますが、これをフキハラと勘違いすることがあります。

上司が部下のミスを指摘したり、改善点を教えたりすることは業務の一環であり必要な行動です。

しかし、受け手がこれを攻撃的だと感じるとフキハラと誤解されることがあります。

特に厳しい言い方や表情が伴う場合はその誤解が生じやすいでしょう。

指摘や指導は業務の向上を目的としているので、その意図を理解することが大切です。

自己主張や議論がフキハラと誤解されることがある

自己主張や議論も、時にフキハラと誤解されることがあります。

例えば、会議で意見を強く主張することや、同僚との議論が白熱することがあります。

このような状況で周囲に威圧的に見える態度や言葉遣いがあると、フキハラと誤解されることがあります​。

自己主張や議論はコミュニケーションの一部であって、業務の改善や問題の解決を目的としています。

このため、冷静な態度と言葉遣いに気を付けて、誤解を避けるようにしましょう。

PON

誤解を避けるには日ごろのコミュニケーションが大事ですね。

まとめ

フキハラとは、職場での不機嫌ハラスメントのことです。周囲に不快感を与える不機嫌な態度や行動が該当します。

  • フキハラの原因は、体調不良やストレス、自己評価の不満などが挙げられます。
  • フキハラと間違えやすい行動や態度として、指摘や指導を受ける場合や、自己主張や議論が誤解されることがあります。
  • 精神的に余裕を持つことや、自分のケアを大切にすることで、フキハラに対処できます。

これらを意識して、フキハラに対する適切な対処法を身につけ、快適な職場環境を作りましょう。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次