エンティーム【ケイ】が死神に?ドラマ「私をもらって」はいつから?

エンティームのメンバーケイ(K)が死神役でドラマに初挑戦します!

ファンなら誰もが気になるニュースですよね。

このドラマでは、ケイがあの世とこの世をさまよう霊魂を見つける死神役を演じます。

「死神役のK」として新たな一面を見ることができ、その人間らしい一面とのギャップも楽しみです。

ドラマ「私をもらって」を観てケイの新しい魅力を発見しましょう!

目次

ドラマ「私をもらって」追憶編はいつどこで視聴できる?

ケイが出演するドラマ「私をもらって」~追憶編~は、いつ、どこで視聴できるのか、気になりますよね。

それぞれまとめました。

  • ドラマ「私をもらって」はいつから放送?
  • どこのチャンネルで何曜日に配信される?

ドラマ「私をもらって」~追憶編~はいつから放送?

エンティームのメンバーKが出演するドラマ「私をもらって」~追憶編~は、2024年7月5日から放送がスタートします。

このドラマは、毎週金曜日の24時30分から24時59分まで放送される予定です。

日本テレビの新しい枠「Friday’s EDGE」で放送されるこのドラマは、深夜ならではのエッジの効いた内容が特徴です。

PON

ちょっと遅い時間だけど、深夜の時間帯ならではの雰囲気が楽しみです。Kのファンとしては、絶対にリアルタイムで見逃せない時間帯です!

60秒予告が解禁されました!期待が高まりますね!

<ドラマ「私をもらって」~追憶編~予告動画>

どこのチャンネルで何曜日に配信される?

ドラマ「私をもらって」~追憶編~は、日本テレビで毎週金曜日の深夜に放送されます。

放送時間は24時30分から24時59分までですが、編成都合により時間が変更される場合もありますので、視聴前に番組表を確認することをおすすめします。

また、HuluやTVerでも見逃し配信が行われるため、見逃してしまった場合でも安心です。

PON

見逃し配信もあるから、録画を心配せずに安心して楽しめますね。

『「私をもらって」~追憶編~』の続編、『〜恋路編〜』が今年の秋から放送予定です!

オンライン動画配信サービス・Huluでは放送に先立ち、『~追憶編~』の最終回の放送後にHuluで先行配信されます。

Hulu>

ストーリーとキャスト・ケイ(K)の役どころとは?

ドラマ「私をもらって」のストーリーとケイ(K)の役どころをまとめました。

  • ドラマ「私をもらって」のストーリー
  • ドラマ「私をもらって」キャスト
  • 死神役のKが演じる役柄とは?
  • Kのインタビュー:初ドラマに対する意気込み

ドラマ「私をもらって」のあらすじ

ドラマ「私をもらって」は、LINEマンガで国内1600万views以上、世界8ヶ国語で展開されている韓国の人気webtoon・web小説を原作にした作品です。

このドラマは、深夜だからこそできる本格的で上質な恋愛ドラマとして制作されました。

創業者一家の御曹司として生まれ、完璧に用意された人生を歩んできた一条稜英(前田公輝)は、ある日突然の事故で意識不明の状態になります。

そして稜英と同じ日同じ時間に、森川奈津実(久保田紗友)も別の事故に遭い、意識不明状態になりますが、数週間後に奇跡的に目覚めて無事に退院します。

物語は、稜英から「身に覚えのない命の借りがある」と言われた奈津実が、稜英が遭った事故の真相を探る展開です。

許された猶予はわずか49日間。奈津実は黒幕に辿り着くことができるのかが見どころです。

また、このドラマでは奈津実と稜英の関係や波乱の展開が期待されています。

また、コミカルなシーンもあり、一味違うラブストーリーの雰囲気も感じられます。

PON

ストーリーもすごく魅力的でどんな展開になるのか楽しみ!
死神としてのKがどのように関わるのか期待が高まります。

ドラマ「私をもらって」キャスト

ドラマ「私をもらって」には魅力的なキャストが揃っています。

エンティームのメンバーケイが初挑戦するこの作品には、実力派俳優と新鋭が集結しています。

ここでは、主なキャストとその役柄を紹介します。

  • K(エンティーム)
    Kは、あの世とこの世をさまよう霊魂を見つけ、黄泉路に連れて行く死神役を演じます。
    普段のKとは異なる、冷淡でどこか面倒くささを持つキャラクターですが、時折見せる人間らしい一面が見どころです。
  • 前田公輝(まえだ ごうき)
    前田公輝は、創業者一家の御曹司でありながら、突然の事故で意識不明となる一条稜英(いちじょう りょうえい)を演じます。
    彼の役柄は、事故後にゴーストとして奈津実(なつみ)のそばに戻るという重要な役割を担っています。
  • 久保田紗友(くぼた さゆ)
    久保田紗友は、事故に遭い意識不明の状態から奇跡的に目覚める森川奈津実(もりかわ なつみ)役を演じます。
    奈津実は稜英から「命の借り」を告げられ、事故の真相を探るため奮闘するキャラクターです。

死神役のKが演じる役柄とは?

エンティームのメンバーKが演じるのは、あの世とこの世をさまよう霊魂を見つけ、黄泉路に連れて行く“雑務処理”を行う死神の役です。

この死神は、興味を持ったゴーストである一条稜英(演:前田公輝)を49日間奈津実(演:久保田紗友)のそばに戻してあげるという役割を担っています。

Kが演じる死神は、常にどこか面倒くささがあり、何にも興味がないように見えるキャラクターです。

しかし、時折人間らしい一面を見せることがあり、そのギャップが見どころの一つとなっています。

また、途中で踊ったりするシーンもあるため、Kの新たな一面を見ることができるでしょう。

PON

普段のKとは違う一面が見られるかもしれないし、そのギャップにキュンとしそう。途中で踊るシーンもあるなんて、さすがK、ファンを飽きさせませんね!

Kのインタビュー:初ドラマに対する意気込み

Kは今回のドラマで初めての演技に挑戦します。

Kコメント

ドラマに初挑戦となるので、聞いた時は「僕にできるかな」と心配な気持ちが大きかったのですが、凄くいい機会をいただいたと思い挑戦する気持ちでいこうと思いました!是非演技は温かい目で見て頂ければ…(笑)。今回演じさせて頂く死神は、なんとなく適当で何にも興味がなく、常にどこか面倒くささがある性格なのですが、たまに人間らしさがでたりするのでそのギャップにも注目して欲しいです。そして途中踊ったりするシーンもあります(笑)!

日テレ公式サイトより引用

演技の初挑戦となるKのパフォーマンスに期待が高まります。

PON

「僕にできるかな」と心配しながらも挑戦する姿勢、素敵ですね。

<エンティーム「ケイ」についてもっと詳しく知りたい方はこちら⇩>

まとめ

エンティームのメンバーKが初めて演技に挑戦するドラマ「私をもらって」は、2024年7月5日から毎週金曜日の24時30分に日本テレビで放送されます。

このドラマは、深夜ならではのエッジの効いた内容と、Kの初演技が見どころです。

死神役としてのKのパフォーマンスや、稜英と奈津実の関係、波乱の展開に注目です。

皆でKの活躍を応援しながら楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次