20世紀のキミは泣ける?ウノ役はビョンウソク!あらすじとレビュー

韓国ドラマや映画が好きな方、映画「20世紀のキミ」が気になっていますか?

そして、ドラマ「ソンジェ背負って走れ」を見終わり、ソンジェロスの方!

映画「20世紀のキミ」は観たことがありますか?

もし観たことがなければ、見ることを強くお勧めします。

ドラマ「ソンジェ背負って走れ」が好きな方ならきっとハマるはず。

この記事では、映画「20世紀のキミ」について、あらすじやウノ役について、そして泣けるかどうかのレビューを紹介します。

「20世紀のキミ」はエモーショナルな雰囲気と胸を打つストーリーで高校生たちの恋模様を描く青春ロマンス映画。

ドラマで観たビョンウソクの制服姿もまた見ることが出来ますよ。

目次

「20世紀のキミ」のあらすじとキャストの魅力

映画「20世紀のキミ」のあらすじとキャストの魅力についてご紹介します。

こちらはドラマではなく121分の映画になっています。

この映画の舞台や登場人物の詳細をお伝えしますね。

「20世紀のキミ」のあらすじ

「20世紀のキミ」の舞台は1999年の韓国。

17歳のボラは、親友のヨンドゥが心臓手術のため海外に行く間、彼女の初恋の相手を観察し、彼の行動を逐一報告するという重要な任務を引き受けます。

しかし、ボラは次第にヨンドゥの初恋相手の親友であるウノに惹かれ始め、事態は予想外の方向に進んでいきます。

そして、1999年の思い出が詰まったビデオテープが2019年の冬に届き、その映像を通して20年前の出来事がよみがえっていく。

友情や初恋の感情が絡み合い、ボラの心の成長と共に物語は進んでいきます。

映画全体に流れる1999年のノスタルジックな雰囲気が、多くの人に共感を呼び起こします。

90年代の風景やファッション、音楽が映画の中で巧みに再現されており、当時を知る人々にとっては特に感慨深いものとなっています。

時代が1999年なので今となっては懐かしい、公衆電話やポケベルなどが出てくるのですが、スマホがない時代の恋愛模様が新鮮に映ります。

PON

ドラマ「二十五、二十一」「いつかの君に」のようなノスタルジックな雰囲気です。

「20世紀のキミ」のキャスト

  • ナ・ボラ
    • 特徴: 1999年を生きる20世紀の少女
    • 役者: キム・ユジョン
  • プン・ウノ
    • 特徴: ボラの高校の同級生、放送クラブの一員
    • 役者: ピョン・ウソク
  • ペク・ヒョンジン
    • 特徴: ウノの親友、学校一の人気者
    • 役者: パク・ジョンウ
  • キム・ヨンドゥ
    • 特徴: ボラの親友、心臓手術のために渡米、ヒョンジンに片想い
    • 役者: ノ・ユンソ
  • ボラの母
    • 特徴: ボラの母親
    • 役者: キム・ソンギョン
  • ボラの大人時代
    • 特徴: 大人になったボラ
    • 役者: ハン・ヒョジュ
  • サイアク
    • 特徴: ボラの友人
    • 役者: チョン・ヘウォン

この映画では、キム・ユジョンやビョン・ウソクといった実力派の俳優がそろい、それぞれのキャラクターを魅力的に演じています​ 。

キム・ユジョンはドラマ「太陽を抱く月」や「恋愛体質〜30歳になれば大丈夫〜」、「マイ・デーモン」などで知られる若手実力派女優。

キム・ユジョンの自然な演技がボラのキャラクターに深みを与えています。

ビョン・ウソクはドラマ「青春の記録」や「花郎(ファラン)」、最近では「ソンジェ背負って走れ」で注目された俳優。

爽やかなイメージと繊細な演技でウノを魅力的に描いています​。

ボラ役キム・ユジョンの魅力

映画「20世紀のキミ」でのキム・ユジョンの演技は、とても高く評価されています。

キム・ユジョンは主人公ナ・ボラ役を演じ、その自然で繊細な表現力で多くの視聴者を魅了しました。

キム・ユジョンは、この役のために特に1990年代の雰囲気を再現し、友情と初恋の感情をリアルに描き出しています。 ​

彼女の演技は、明るくて友達思いの高校生を見事に表現していて、特に初恋の相手に対する複雑な感情を細やかに演じています。

キム・ユジョンの感情表現に引き込まれ、涙してしまうようなシーンも多くありました。

キム・ユジョンの演技が映画の魅力を一層引き立てていると思います。

PON

演技が本当に上手くて物語に自然に入り込んでしまいます。

ウノ役ビョン・ウソクの魅力

「20世紀のキミ」でウノ役を演じるのは、ビョン・ウソクです。

ビョン・ウソクは30代でありながら高校生役を見事に演じ、その自然な演技と表情の豊かさで観ている人の心を捉えます​ 。

ビョン・ウソクは今回の映画で少しでも若く見せるために役作りのために体重を減量したそうです。

細やかな表現力を見せることで、キャラクターの内面を深く描き出しました。

彼の演技は、青春時代の純粋な感情や切ない恋心をリアルに伝える力があり、物語の感動を一層引き立てています​

彼は、親友のヒョンジンと共にボラの観察対象となる人物であり、物語の中心的な存在です。

ウソクの演技は、繊細でありながらも力強く、観客の心に深く響きます。

PON

制服姿が似合いすぎる30代のビョンウソクの魅力に夢中になります。

<ウノ役、ビョンウソクをもっと知りたい方はこちら⇩>

映画「20世紀のキミ」の監督

「20世紀のキミ」の監督はパン・ウリです。

彼は映画『Mrs. Young』で青龍映画賞の短編映画賞を受賞し、この作品で長編映画デビューを果たしました。

パン・ウリ監督は、1990年代のノスタルジックな雰囲気を巧みに再現し、観客に深い感動を与えるストーリーテリングに定評があります​ ​。

彼の演出は、キャラクターの細やかな感情描写と共に、時代背景をリアルに描き出し、観客を作品の世界に引き込む力があります。

「20世紀のキミ」レビュー紹介!泣ける?

次に紹介するのは、映画「20世紀のキミ」のレビューと、泣けるのか、についてです。

視聴者の感想や評価を通じて、この映画の感動的な要素をお伝えしていきます。

「20世紀のキミ」のレビュー

映画「20世紀のキミ」は、多くの視聴者から高評価を受けています。

具体的なレビューをいくつかまとめてみました。

  • キム・ユジョンちゃんの演技が上手でかわいかった。
  • 90年代のノスタルジックな雰囲気がエモくて良かった。
  • ボラはかわいいしウノがとてもカッコよかった。
  • 王道のラブストーリー。懐かしい雰囲気が良かった。
  • 話の展開は珍しいものではないのになぜか夢中になって見てしまいました。
  • とても懐かしくて優しい映画でした。
  • 最後は胸が苦しくなりました。

これらの感想からも分かるように、「20世紀のキミ」は心に響く感動的な映画です。

「20世紀のキミ」は泣けるのか?

この映画は、多くの人が「泣ける」と評価しています。

特に、1999年のノスタルジックな雰囲気や友情と恋愛の複雑な感情が絡み合うストーリーが、観客の涙を誘います。

映画「20世紀のキミ」は、観客に強い感動を与える作品として高く評価されています。

特に、90年代のノスタルジックな雰囲気と切ない初恋の物語が涙を誘います。

この映画は、友情と恋愛が絡み合い、過去の思い出が蘇る過程を描いています。

主人公ボラの視点から、彼女の初恋の相手であるウノとの関係が深まる様子が繊細に描かれています。

映画の終盤では、ボラがウノの映像を見て涙を流すシーンがあり、このシーンは多くの視聴者に深い感動を与えています。

映画を観た多くの人々が、キャラクターの感情に深く共感し、涙を流すとのレビューが多く見受けられます​ ​。

総じて、「20世紀のキミ」は、初恋の甘酸っぱさとその後の切ない展開が見事に描かれており、泣ける映画としておすすめです。

「20世紀のキミ」はどこで観れる?

「20世紀のキミ」は、Netflixで観ることができます。

この映画は、Netflixのオリジナル作品として配信されています。

他の動画配信サービスでは現在配信されていないため、Netflixが唯一の視聴先。

家族や友達と一緒に、ノスタルジックで感動的な物語を楽しんでくださいね。

まとめ

「20世紀のキミ」は、友情や初恋の切ない感情を描いた感動的な映画です。

ピョン・ウソクやキム・ユジョンの素晴らしい演技、ノスタルジックな雰囲気、そして泣けるストーリーが、多くの人々に愛されています。

まだ観ていない方は、ぜひこの機会にご覧ください!

「20世紀のキミ」は、Netflixで配信中です。

121分の感動を、ぜひ体験してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次